「マスクはどこに」

d0075945_228520.jpg

前回の、初夏でしたか、
新型インフルエンザ騒動のときには
店頭からマスクが消え、
その割には着けている人が
花粉症の時期よりかなり少ないことが気になったけど、
この時期になっていっそう深刻に感じられる
新型インフエンザの流行だというのに、
マスクを装着している人はまず見ない。

銀座線や私の周囲だけかと思いきや、
先週日曜、中日に訪れた国技館でも、
前回の騒動時と同様に入り口で
両手のアルコール消毒は強要されたものの、
来場者でマスクをした人の記憶がほとんどない。
唯一マスクをしていたのは
桟敷席で酔っぱらっていた私たちのすぐ後ろで、
知人の客に丁寧な挨拶をしていた貴乃花親方だ。
さすが平成の大横綱。危機管理がちがう。

私自身が予防としてマスクを活用しないので、
人様のことをとやかく言うのもあれなんだけど、
気になっているのは世間の付和雷同ぶりではなく、
あれだけみんなが求めて品薄だったマスクは
どこにいってしまったのかということだ。
前回着けていないなら、いまこそ使うときじゃないのか。
それともまだ温存しているのだろうか。
いや、まだまだ、ここが正念場だ、と。
どうなんだ、その采配は。
マスクは別に抑えの切り札ではないと思うのだが。

今日の写真は通勤時に隅田公園から見た
隅田川越しの東京スカイツリー(新東京タワー)。
写真だと低いように見えるかもしれないが、
肉眼ではもうかなりの高さで、
公式サイトによれば現在153mあるらしい。
しかし2011年の完成時には610.58mになるとのことなので、
これでもまだ4分1程度。
目障りなものにならなけれればいいのだが。

Giuseppe Ielasi『Gesine』、
Guillauma and The Coutu Dumonts『12 Inches All Dressed』、
Goldmund『Corduroy Road』。

ゴマの左足にまた靴下を履かせている。
嫌がってブルブルと脱ごうとするのだけれど
(実際1日に幾度かは脱げてしまう)、
それでも見ていないときに噛んで血を出すよりいい。
さらに数日、おなかの調子もよろしくない。
そういう不調なときによく寝る場所がソファの下。
何かから弱った身を守ろうとしているのだろう。
その「何か」とは靴下を履かそうとして
追いかける私たちかもしれないけど。

なー、ゴマ。d0075945_2283695.jpg
[PR]
by gomaist | 2009-09-26 02:45 | ゴマ


ゴマと日日と音楽と。


by gomaist

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

ゴマブロ

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
more...

検索

ブログパーツ

OSインストール方法

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31