「嘯いてはいたが」

d0075945_16145758.jpg

ミャンマーだったか、
籠に捕らえた鳥を
小銭をもらって逃がす仕事があることは
聞いたことがあったけれど、
江戸時代にもそのような稼業があったことを
杉浦日向子『百日紅』で知った。

時代考証に堅かったという杉浦日向子なので、
その「はなしどり」の部分は創作じゃないと思われる。
金を払って鳥を逃がすことで功徳につながる、
というそれはやはり仏教からきているのだろう。

はなしどり屋が出てくる『百日紅』の
「野分」はすごい一篇だ。
この感覚をさらに掘り下げて、
この世もあの世もない
透徹とした世界に達したのが『百物語』。
なぜかせいせいした気持ちになる大傑作。

風邪に続いて矢継ぎ早になんだねチミは、
と自分でも呆れるのだけれど、
発熱時の採血検査で肝炎が発覚したのだった。
ウィルス性ではなくアルコール性の。
私はいったい何を根拠に過信していたんだろうか。
肝臓が弱ってるのを知りつつ、
うっかり飲み続けてしまったよ。とほほ。
γ-GTP:655、GOT:133、GPT:244は
驚きの過去最高値。老いたなあと思った。

酒のない人生なんて、と嘯いてはいたが、
やっぱりもうちょっとだけ生きていたいので、
当面は酒をやめてみよう。
そんなわけですので、お知り合いのみなさま、
いましばらくはゆめゆめお誘いくださいますな。
でも戻ったらまた遊んでね。

ただ、入院にいたらずに助かった。
いまはだるさが抜けずにしんどいけれど、
どうにか朝霧にも行けるだろう。
酒がいらないくらい素晴らしい面々が出るのだ。

Jim O'Rourke『Vistor』、
VA『Treasure Isle In Dub Rare Dubs 1970-78』、
Giuseppe Ielasi『Gesine』
Grand Salvo『Soil Creatures』。

一方、ゴマはゴマで足がまた悪化。
靴下&カラーの二重苦から早く救ってあげねば。

なー、ゴマ。d0075945_16151270.jpg

*知人様へ
「肝炎」ではなく、
結果「肝障害」の聞き過ちだったかも。
どうぞご心配なきよう。
飲めないのにかわりはないけど。
[PR]
by gomaist | 2009-10-03 16:20 | 日日


ゴマと日日と音楽と。


by gomaist

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ゴマブロ

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
more...

検索

ブログパーツ

OSインストール方法

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31