「 汗が止まらんです 」

d0075945_1904051.jpg

■ 筒美京平の話の続きですが、郷ひろみや太田裕美や岩崎宏美など、曲を書いた歌手の筒美氏による分析が適確で、それにも驚かされた。その歌手がいま歌うにふさわしい曲を時代の流行と摺り合わせて<建築物を造るように(関係者談)>書いていたという。元々の思考がデジタルなので流行歌のデジタル化にも無理なく適応したんじゃないかということも組んでいた編曲家が語っていた。

■ 松本隆曰く「京平さんの曲は曲だけだとよくわからないんだけど、詞が乗ると本当に素晴らしい歌になる」。番組中、一番唸ったのはその松本隆と筒美京平の対談で、いわゆるニューミュージックが台頭してきたときに、筒美氏は職業作曲家として彼らを脅威に感じたという。そこに現れたのが松本隆。「ぼくはそっちの世界の人間だから、接着剤のような役目ができた」。これ、奇跡だなと思いましたよ。日本の歌謡曲史において最大のトピックかもしれない。もし松本隆がいなかったら、筒美京平の作曲家としての足跡はそこで途絶えていたか、現在に至るほど大きなものにはなっていなかったんじゃないか。両者ともに言えることだけど。作品の質と数だけではなく、作詞家松本隆が担い果たした仕事の大きさに改めて感じ入った。

■ それと脱線してしまうから番組では触れられなかったけれど、松田聖子にはおそらくアルバムも含めて筒美京平の曲がないはず。作詞家としてだけでなく、総合プロデューサーとして「松田聖子」というプロジェクトに関わった松本隆は意識的に筒美氏の曲を避けたのだと思う。財津和夫や松任谷由実(呉田軽穂)、はっぴいえんどの細野晴臣、大瀧詠一ら「そっちの世界」の人たちを作曲家として起用した戦略に凄みすら感じたのは、「筒美京平なんて、とみんなが言うのはまともに向き合ったらかなわないのがわかっていたからだと思う」と松本隆みずからが言っていたからで、つまり筒美京平の才能の大きさを知る松本隆は、あえて筒美氏と組まないことで「松田聖子」ブランドを創り上げただけではなく、歌謡界そのものをリデザインしてしまったんだろう。

■ 筒美京平が「こういう仕事をする人がいるのなら」と共感し、歌謡曲の作曲家に転身した切っ掛けのひとつにもなったという浜口庫之助にはアンチとして、ジャックスの「ロールオーバー ゆらの助」という歌がある。「ロールオーバーベートーベン」(チャックベリーのロックンロール宣言。ビートルズのカバーが有名だけども)のもじりで、たしか岡林信康のカバーやライブでは「ロールオーバー 庫之助」とはっきり実名で歌われていた職業作曲家への強烈な皮肉だけれど、筒美京平にはそうした揶揄やアンチはなかったんじゃないかな。「パクリ」とか陰口を言われるくらいで。それは筒美京平の曲を「そっちの世界」の人も認めていたということでもあろうし、アンチとしての歌謡曲という図式を崩した松本隆の存在も大きかったじゃないかと想像してみた。

■ そんなわけで『希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平』はとても感想を書き切れないほどおもしろいです。そして「木綿のハンカチーフ」のフルコーラスにいまなお感動するです。

■ 今日も東京はすごく暑いけど、とんでもない暑さの原因は熱を発するMacBookにずっと向かっていたからだといま気づいた。午後7時。汗が止まらんです。



なー、ゴマ。d0075945_1935280.jpg
[PR]
by gomaist | 2011-06-23 19:17 | 音楽


ゴマと日日と音楽と。


by gomaist

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ゴマブロ

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
more...

検索

ブログパーツ

OSインストール方法

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31