「 その不快感が 」

d0075945_1426644.jpg


■ 11月25日に西麻布新世界で観た『官能教育〜官能をめぐるリーディング〜 藤田貴大×中勘助「犬」』のこと。当日観劇直後にツイッターで<まともにくるわけがないとは思ってたけど、こうくるとは考えていなかった。性欲を扱いながら、わかる/わからないという「理解」の問題を舞台外にも拡張して「世界」と格闘する痛々しさ。まだ始まってないのか、、まいったよ。>と書いた。まともにくるわけがない、と書いたのは、この企画が「リーディング公演」であって、『銀の匙』で有名な中勘助の『犬』という短編をテキストにしたものだったのだけれど、マーム藤田くんがただ俳優に朗読させるような舞台にするわけもなく、果たしてそれは『犬』を原案としたマームとジプシーの新作公演といっても差し支えない作品だった。実際、いつも凝ってる入場チケットは布張りのボタンでそこには糸で「マームとジプシー」と貼られた小さな紙片が付けられていたしね。これ、もっすごいかわいい。
d0075945_144351100.jpg

■ しかし内容は青柳いづみさんの姿を別にすれば、まったくかわいくはなかった。いやもう、陰惨なひどい話だ。観劇前に『犬』の筋は知っていて部分的に読んでもいた。架空の過去、侵略者によって陵辱された女性は妊娠をする。しかし女性は相手を恋しく思いながら、彼女を偶然見初め劣情に囚われた僧侶が呪術によって男を殺し、自らと女性を犬の姿に変え、ひたすら性行為を繰り返した挙げ句に女性に喉を噛み切られて死に、女性も死ぬ。そういう「なんだよそれ」っていうくらいひどい話だ。藤田版『犬』は原作を換骨奪胎して、情欲に取り憑かれた男性に陵辱で女性を獲得することはできない、そこには理解も無理解も存在しないという、原作のエッセンス(おそらく)を舞台作品に作り換えたものになっていた。

■ 16歳、19歳、25歳(現在)と3つの時間の性的体験を山内健司さん、尾野島慎太朗さんという二人の男性と演じる青柳いづみさん。3つの体験を語ることは青柳さんのセリフとしてはっきり伝えられるので理解が困難ではないが、マーム特有の執拗なリフレインによって時間相は意図的に錯綜される。ここでおもしろいのはそれぞれの俳優は実名で舞台に立ち、青柳いづみ25歳の時間相では山内さんは青年団のソウル市民と掛け持ちで忙しく、尾野島さんは「なんで山内さん、そんなにがんばるんですか?」「青年団ってお茶ばかり飲んでますよね」みたいなことを山内さんに言ったりもして、3人の稽古場での様子を思わせる世界として演じられている点だ。そこに舞台と現実とのあわいが現れ、しかしあくまでもそれは「演じられている虚構」ではあるのだけれど(なにしろ3人は三角関係にあって尾野島さんは山内さんに刺殺されるのだ)、より正確には3人が演じる3つの相と別に、舞台に現れている総体として3つの相を演じている3人の現実がもうひとつの相として感知させられることになる。舞台上をパンツも露に転げ回り山内さんに押し倒されそれでも「知ったこっちゃないかぁ〜」と透明に近づいていく青柳さん、青柳さんに腰を振り手淫を模し「若造が」と演出藤田さんに毒づく山内さん、年配の山内さんを見て未来の自己像を不安げに叫び続ける尾野島さん、虚構の間に間から現れる現実を合わせて感受しながら、我が身に振り掛かるような痛みと居心地の悪さを感じた。その不快感が藤田版『犬』のおもしろさだったと思う。

■ <マームとジプシーでの身体の運動は酷使や運動そのものに意図はなくて(あるとすれば視覚的なリズムによる知覚の強化)、そこから立ち上がるリアリティの強度に通じていて、それは相米慎二の長回しに似ていると気づいたら、オンナ未満の女性への視線にも近いものがあるような気がしてきた。><蹂躙されるのはテキスト通りではあるけれど、あれだけのことをされて見ているほうにも痛さを嫌ってほど伝えながら、それでも透明な存在感で「世界を獲得することはできない」という説得力を持って最後まで舞台にいる青柳いづみさん、私の2011年最優秀女優賞。>というのが観劇翌日にツイッターで書いた感想。青柳さんは本当に素晴らしかった。あと書き加えるなら山内さんが繰り返し言う「カンニング」というキーワードがいまも印象深い。直接的には原作小説の一節やセリフが書かれた紙(白紙かもしれないが)を舞台上で手にして読む行為を指しているが、広くはすでにある世界を読み取り知ることの暗喩でもある。カンニングで世界を獲得できるのか。藤田版『犬』は男女の、男の本能的な暴力としての陵辱に重ねてそう問い掛けていた。世界は決して獲得なんてできない、だから醜態晒してもがき続ける、という現時点での答えを透かして。




なー、ゴマ。d0075945_14252792.jpg
[PR]
by gomaist | 2011-12-20 14:56 | 演劇


ゴマと日日と音楽と。


by gomaist

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ゴマブロ

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
more...

検索

ブログパーツ

OSインストール方法

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31