「 うちのごく近所をタモリが歩いている 」


■ どうにもネガティブな話が続くが今日で5日間、一歩も部屋から出ていない。日曜日は二日酔いだったからともかくそれ以降はなんとなくそんなことになってしまった。ゴマが乞うのでたまに窓を開けて外気には触れているものの年が開けていよいよ寒くてゴマが飽きればすぐに閉めてしまう。なんとなくこうなってしまったのでわからなかったのだけれど、今日やけに神経がピリピリとしていてネットの素人記事を目にしては「何を言ってやがんだバカやろうが」と自分を棚に上げて毒づく言葉を飲み込んではのどに餅をつかえたように目を白黒させて耐えて溜息をつき、テレビを見ては「おまえのことなんか誰も興味がないんだよ、電波にのるなバカやろう」と自傷行為的なことばかり口にしてしまうのは部屋に籠ってるせいにちがいない。

■ と、昨日の夜中に書いていてまた嫌な気分になったのだけれど、そういうおまえが一番のバカやろうだ、という市中引き回しの意味でそのままにしておく。

■ 昨晩のブラタモリは吉原編。とてもおもしろかったのだけれど、最大の見どころは「うちのごく近所をタモリが歩いている」という点で、映像で確認できる限り最短直線距離で100mくらいまでは接近していたし、うちの者は撮影時にロケに遭遇していて昨日の番組が昨年10月14日に撮られていたことも知っていた。地元だけに番組内情報としては既知のことがほとんどで、たとえば私が小学校を卒業するくらいまではまだ川だった山谷掘のことや日本堤の土手にはいまも当時の面影を残す高低差があることや赤線時代のままの建物がアパートとして使われていることや、他に地元民も知らないようなことまで掘り下げてくれたらさらに楽しかった。

■ タモさん一行が隅田川から上がって最初に訪れていた待乳山聖天は、パワースポットとして人気らしい近くの今戸神社に行くくらいならここに行ったらいいのに、と常々思っているおすすめ観光ポイントなのだけれど、私が通っていた小学校は待乳山小学校という名の待乳山聖天の寺子屋が発祥の学校で、そんな素敵な歴史と名前があるのに大人の事情でいまは東浅草小学校という名称に変わってしまっている。

■ だいたいその「東浅草」ってのも無粋な地名じゃないか。住んでる自分が言うのもなんだけど、正直言ってここ、浅草ではないよね。吉原周辺は寺町だけど浅草寺近辺とはまたちょっとちがう文化圏でここにはここの良さ/悪さがあって、人に言うときには「浅草に住んでます」は通りがよくて便利だし、浅草生まれ浅草育ち悪いやつらはほんとに悪くてだいたいいなくなった、とか話のネタにもなれば、浅草出身を名乗れることをありがたくも思うのだけれど、住所を根拠に「浅草出身」と自己申告するたびに「でもちょっとちがうんだよなあ」といういまだにチンポジが落ち着かないような気持ちになります。




なー、ゴマ。d0075945_1132436.jpg
[PR]
by gomaist | 2012-01-13 11:42 | 浅草


ゴマと日日と音楽と。


by gomaist

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

ゴマブロ

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
more...

検索

ブログパーツ

OSインストール方法

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31